2012年

12月

11日

観葉植物たち②ポトス編

画像 ポトス 風水 ガーデニング

 植物に今ほどの興味がなかった若い頃、気まぐれでスーパーのレジ付近にあったポトスを購入した。音楽機材だらけで殺伐とした独り暮らしの部屋に観葉植物を置いてみようという試みであった。自分の意思で購入した初めての植物である。

 

 それから25年が経ち、この間10回以上の引越しを重ねた。どんな町へもポトスを伴って行った。相当日当たりの悪い部屋もあったし、直射日光が差し込む部屋もあった。一時は枯れかけた時期もあったが、基本的にはずっと力強く生きていた。

 

 25年の間には観葉植物ばかりでなく庭木もどんどん増えた。ポトスはその単純さゆえに、ついつい存在を忘れがちであるが、いつも家の中心付近に置いていた。

 

 そして今現在もポトスは相変わらず元気であり、玄関の目立つ位置に鎮座している。

 

 特に手をかけて育てているわけではなく、思い出したように水遣りをするだけである。多分、その位のペースがポトスには丁度よいのではないだろうか。植え替えも25年間で3回程度しか、やった記憶がない。

 

 あまりに放置し過ぎると根詰まりして、下の方の葉が黄色くなったり、落葉することがある。そのときはプランターを変えた方が良い。また、単純に植え替えるのではなく、株分けしておくとバックアップ?にもなってよい。

 

 また、春~初夏の時期が良いときには、伸びすぎた茎を切って土にさしておくと簡単に根付く。

 

 風水では南西あるいは北西にポトスを置くのが良いといった説と、人間のエネルギーを奪うのでよろしくないという説がある。私自身の経験ではこの25年で人生が良い方向に向かったので、もっともおすすめできる観葉植物である。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索