庭木で開運TOP > 樹木別の縁起 > ユスラウメ

ユスラウメ 縁起

ユスラウメ(梅桃、山桃桜)

別 名:ユスラ、ヤマユスラ

英 名:Nanking cherry / Downy cherry

花言葉:郷愁

ユスラウメを植える方角は南西が吉。


家相風水では、庭の南西に芝や家庭菜園、実のなるものを植えるのが吉で、背の高い木を植えるのは凶とされる。


実際のところ、実がなる庭木で、剪定の手間をかけずとも背が高くならないものは少ない。その点、ユスラウメは樹高が1m程度に収まるため、南西の庭に向いている。


また、ユスラウメには白花と薄紅花があり、両者を一緒に植えると紅白揃って縁起が良い。

 

ユスラウメとは・・・

・中国を原産地とするバラ科サクラ属の落葉広葉樹。江戸時代初期に朝鮮半島を経緯して日本に渡来した。


・耐寒性及び耐乾性に優れ、北海道から九州までの広い範囲に植栽できる。


・基本的には病害虫に強いものの、「フクロミ(袋実)病」という、奇形の実ができる病気に罹患することがある。


・ユスラウメは葉の裏に細い毛が生えているのが大きな特徴である。


・初夏の庭を彩る、白や赤の実は、果汁が豊富で生食もできる。


・ユスラウメの剪定は自然樹形をいかす。剪定の適期は1月~2月あるいは6~7月で、株の根元から生える細い枝(=ひこばえ)を取り除き、伸びすぎた枝を根元から剪定する。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索