庭木で開運TOP > 樹木別の縁起 > ユキヤナギ

ユキヤナギ(雪柳) 縁起

ユキヤナギ(雪柳)

別 名:コゴメバナ、コゴメザクラ

英 名:Thunberg spirea

花言葉:殊勝、愛嬌

ユキヤナギを植える方角は西、北西が吉

 

ユキヤナギの可憐な花は、生け花の材料としても重宝する。別名のコゴメバナは散り落ちた花弁の様子から。散り落ちた花は優雅だが、掃除が多少面倒である。

 

ユキヤナギとは・・・

・本州中部以西を自生地とするバラ科の落葉広葉樹

・柳に似た葉を持ち、小さな白い花をつけることから「雪柳」と名付けられた。主役とはならないが、他の花を引き立てる名脇役であり、花言葉もそれにちなむ。生け花の材料としてもよく使われる。

・日当たりがよく水はけの良い場所を好む。成長は早い。寒さにも強く、東北地方でもよく育つ。

・ユキヤナギは花後すぐに地際ですべて切り除くと、美しい姿を維持できる。表面を刈り込んでばかりいると、性質が強い邪魔な枝が発生し、樹姿が固くなる。

・花の色が薄いピンクの「ピンクユキヤナギ」「フジノピンキー」もある。

・ユキヤナギに似た花に「シジミバナ」がある。ユキヤナギの仲間だが、シジミバナの花は八重咲きなので区別できる。樹形はユキヤナギの方がまとまりがある。

・開花は3~4月だが、10~12月に暖かい日が続くと「返り咲き」することもある。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索