ヤマグワ(山桑) 縁起

ヤマグワ(山桑)

別 名:クワ

英 名:mulberry tree

花言葉:知恵、彼女のすべてが好き

蚕の餌となり、中国では神木とされた。養蚕を支える大事な樹木であり、日本でもかつては普通に見られた。

桑が茂れば養蚕も盛んになることから、縁起の良い木とされる。


ヤマグワとは

・日本、東南アジア及びヒマラヤ地方を原産とするクワ科クワ属の総称。

・成長は早く、放任すれば高さ10m以上になる。

・蚕が葉を食うことで「食葉」と呼ばれそれが転じてクワとなった(諸説あり。)

・養蚕業が衰退した現代においてクワの葉は、クワ茶として人間の飲用になる。

・夏に熟す黒紫色の実は木苺のような外見で、食べるとおいしい。

・シダレグワ、コウテングワ、ハチジョウグワなどの園芸品種がある。

・ヤマボウシをヤマグワと呼ぶ地方もあるが、両者はまったくの別種である。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索