ヤツデ 縁起

ヤツデ 画像

 

ヤツデ(八手)

 

別 名:テングノハウチワ

英 名:Japanese aralia

花言葉:分別、親しみ、健康

ヤツデを西に植えると、「家からお金が出ていかない=お金が貯まる」、玄関脇に植えると、「お金を招き入れる」と言われ、古くから縁起木として親しまれている。

 

また風水では、観葉植物のモンステラなどと同様に、葉の大きな植物は邪気の侵入を防ぐ(=魔除け)とされる。

 

日陰に植えられることが多く、暗い印象があるため、右のような斑入りの品種がおススメである。

 

ヤツデとは・・・

・東北地方南部以南の沿岸地に自生するウコギ科の常緑広葉樹

・寒さに強く、耐陰性もあるため、日当たりの悪い場所でも生育可能であるため、かつてはそうした坪庭で見かけることが多かった。

・日本原産だが、近年では日本よりも海外で高い評価を受けている。

・剪定はほとんど必要ないが、枝葉が込んできたら、付け根や分かれ目で切除する。

・冬に地味な花を咲かせる。花には蜜が多く、虫が集まりやすい。

ヤツデの花

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索