庭木で開運TOP > 樹木別の縁起 > メグスリノキ

メグスリノキ

メグスリノキ(目薬の木)

別 名:長者の木

英 名:nikko maple

花言葉:大切な思い出

樹皮や枝葉を煎じて、洗眼薬や飲み薬とする民間療法が「メグスリノキ」の由来だが、戦国時代のとある武士がこの薬を自家製造して財をなしたことが別名「長者の木」の由来(諸説あり)となっている。 

 

メグスリノキとは・・・

・宮城、山形以南に自生するカエデ科の落葉広葉樹で日本固有のもの

・関東地方では標高500~1500mに自生する。

・日向~半日陰を好み、成長は早い。

・葉はモミジとは似つかないが、他のカエデ科同様、秋には美しく紅葉し、実もカエデ科特有のプロペラ状のものがなる。

・メグスリノキは目薬だけではなく、肝臓にも有益な成分を持つとして健康食品に使われている。樹皮や若葉に多くに含まれる「ロドデンドロール」が肝機能の障害を予防することが科学的に明らかになっている。

★当初は樹皮を煎じて作ったエキスで目を洗うという民間療法が、いつからか内服するようになった。眼精疲労、老化に効果があるとされ、いろいろな商品が売られている。一時はブームとなり各地でメグスリノキが伐採され、品薄となった。今現在ブームはおさまったが、本物の樹皮で作ったものだけに、それなりのお値段で売っている★

メグスリノキ 500g

メグスリノキ 500g
価格:3,150円(税込、送料別)

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索