庭木で開運TOP > 樹木別の縁起 > ホルトノキ 

ホルトノキ 縁起

ホルトノキ(葡萄牙の木)

別 名:モガシ、ズクノキ、ヒチジョウ、ハボソノキ、オランダノキ

英 名:Quandong

花言葉:夫婦の愛

沖縄では縁起の良い木とされ、好んで庭に植えられる。

葉はサカキのように神事に使ったり、正月飾りに使われることもある。

 

ホルトノキとは・・・

・アジア東部の暖地に自生するホルトノキ科の常緑広葉樹。日本では関東地方南部以西に自生する。


・暖地性であり、寒さには弱い。


・枝葉が密生し、高さは15~20mになる。クスノキと同じように、社寺に植えられたものが「ナンジャモンジャの木」と呼ばれ、直径1mを越す巨木もある。


・葉の形に大きな特徴はなく、ヤマモモに似ているが、古い葉が順に赤くなって落葉するため、一年中どこかの葉が紅葉しているのが特徴。


・ホルトノキという名前は「ポルトガルの木」から転化したものという説と、実がオリーブ(別名ホルトノキ)に似ているため、オリーブと勘違いされて名付けられたという説がある。


・あまり目立たないが6月~7月にかけて白い小さな花が咲く。また、秋から冬にかけて長さ2センチ程度の実ができる。でき始めは緑色で次第に黒紫色に変わる。上記のとおりオリーブと混同されていたが、オリーブオイルを採取することはできない。


・ホルトノキの樹皮や枝葉は染料に、材はシイタケのホダ木に使われる。


・ホルトノキを「熱帯スズラン」と呼ぶ生産者もいる。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索