庭木で開運TOP > 樹木別の縁起 > ハボタン

ハボタン 縁起

ハボタン(葉牡丹)

別 名:牡丹菜、ハナキャベツ、ボタンナ

英 名:flowering cabbage,ornamental cabbage

花言葉:祝福、物事に動じない、利益

正月飾りに用いられるハボタンは、厳冬期を彩る貴重なカラーリーフとして用いられているが、幾重にも重なる葉を、「吉事が重なる」ことになぞらえて縁起がよいとする。


特に赤紫系統の葉と白い葉のものを交互に並べ、紅白模様として用いると縁起が良い。花言葉「祝福」もそれを象徴している。

 

ハボタンとは・・・

・ヨーロッパを原産とするアブラナ科の越年草。


・江戸時代に日本へ渡来し、様々に品種改良された。


・牡丹とは何の関係もなく、見た目どおりキャベツの一種であるが、渦巻く葉の姿が、花の王様であるボタンに似ているとして葉牡丹と称する。


・正月に買ってきたものを育て続ければ、菜の花と同じような花が咲く。しかし、花自体の観賞価値は低い。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索