庭木で開運TOP > 樹木別の縁起 > トサミズキ

トサミズキ 縁起

トサミズキ(土佐水木)

別 名:─

英 名:spike witch hazel

花言葉:優雅、清楚

トサミズキを植える方角は西あるいは北西が吉。


黄色い花が咲くため東は凶。また、庭の中央に黄色い花を植えるのも凶である。最近では風水的に吉とされる香りの良い、ニオイトサミズキも人気である。

 

トサミズキとは・・・

・マンサク科トサミズキ属の落葉広葉樹で、自生地は「土佐」=高知県。北海道南部あたりまでは植栽できる。


・花期は3月~4月で、葉に先立って穂状の黄色い小花がまとまって枝先に垂れ下がる。独特の花姿には風情があり、切り花としても好まれる。また、葉の形や葉脈が味わい深く、新緑も美しい。


・日当たりと水はけの良い場所を好み、日陰では花つきが悪くなる。成長はやや早く、高さ3~4m程度まで育つ。剪定せずに放置すると大型になるばかりか、間延びして花の見映えも悪くなるため、定期的に枝を切り詰める必要がある。自然樹形に鑑賞価値があるため、全体を刈り込むのはNG。太い枝を元から取り除くような手入れがよい。


・類似種のヒュウガミズキと混同されるが、トサミズキとヒュウガミズキは大きさがまったく異なる。トサミズキの方が花も葉っぱも大きい。


・花に香りのある「ニオイトサミズキ」のほか、黄色い葉を持つ「スプリングゴールド」などの園芸品種がある。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索