タケ(竹) 縁起

タケ(竹)

別 名:─

英 名:Bamboo

花言葉:節度、節操

庭に植えることの是非について、これほど多く語られる植物は他にないだろう。また、占い好きの中国と馴染み深いだけあって、タケの縁起については特に多くの説がある。

調べるほどに「いったいどこに植えればいいんだよ。」という気持ちになるが、主なものは以下のとおり。

 

①順調に成長すれば、どの方位でも吉。家の繁栄を表す。ただし、根が広がらないように対策を施してから植えつける。 

②北~北西~西が吉。 茂れば大吉。 

③北~北東が吉。 

④東南に植えると家系が途絶える。 

⑤家の前面の竹やぶは凶。貧乏になる。 

⑥勢いよく茂れば家運はアップ。 

⑦家の前に植えると吉。特に家の中から見て左にあると幸運を招く。

 

タケとは・・・

・イネ科のタケ亜属の多年生常緑木質植物のうち、大型のものの総称。日本では本州から九州まで幅広く自生する。


・竹と笹は混同されがちだが、地下茎があって棹の皮が剥がれ落ちるものをタケ、皮が落ちないものをササと呼んで区別している。


・もっと一般的に見られるモウソウチクは中国を原産地とし、棹の直径は大きいもので20センチ近くに達し、高さも15m程度となる。大型であるため意図して庭に使うのは稀である。庭に使うものは「キッコウチク」、「クロチク」、「ナリヒラダケ」あたりが多い。


・タケはごく稀に稲穂のような花を咲かせる。長期の開花後に、同一の地下茎から出ている竹すべてが枯れるという。 


・七夕の日に、竹に短冊を飾る風習は江戸時代から続く。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索