キク 縁起

キク(菊)

別 名:星見草、霜見草、イエギク

英 名:Florist's chrysanthemum

花言葉:高尚、高潔、高貴

仏花としてのイメージが定着しているため、それ自体が縁起の悪い花のように扱われるが、かつては薬用に使われ、「長寿」のシンボルともされていた。


また、重陽の節句と呼ばれる旧暦の9月9日には、菊の花で邪気を払うために菊酒を飲むという習慣があった。


その他、菊に関する吉凶は以下の諸説あり。

 

①菊を植える方角は、西が吉。

②菊を家の南に植えると「難を聞く」(南を菊)で、よくないことが起こる。

③庭の四紳士として、梅、竹、蘭とともに風水では吉とする。特に黄色は余裕のある生活を意味し、幸運を招く。

 

キクとは・・・

・アジア東部を原産とするキク科の植物。日本には奈良時代に渡来した。


・一年のうち一番最後に咲く花として菊を「花の弟」という(ちなみに「花の兄」は梅。なぜ男性視するのかは不明)

・皇室の御紋、パスポート、50円玉など、菊がデザインされたものは多い。


・食用菊は、これを食すと不老長寿の効果があるとされたことから、天ぷら、お浸しなどにして親しまれる。


・大きな菊は庭に馴染みにくいため、園芸品種の「寒菊」や「姫小菊」がおすすめである。前者は花も葉も小型で霜に強く、花の少ない真冬に花を咲かせる。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索