カルミア 縁起

カルミア

別 名:アメリカシャクナゲ、ハナガサシャクナゲ

英 名:Moutain laurel

花言葉:優美な女性、野望


カルミアを植える方角は南、南西が吉。

花の色によっては多少異なる。

 

カルミアとは・・・

・ツツジ科の常緑広葉樹。原産地は北アメリカ東部であり、コネチカット州の州花となっている。日本には大正時代に渡来した。


・園芸品種が多いが、一般的にカルミアという場合、ラティフォリアとその園芸品種を示す。カルミアという名前は、スエーデンの植物学者カルムにちなむ。


・日向、酸性土壌を好む。冬の冷たい風は苦手とするため、庭植えは温暖な地方に限る。また、根が浅いため、株の周りを人間が歩いて踏み固めるような場所は不適。


・自然に形を整えるので剪定は不要。特に古い株は剪定後に新芽が出にくいので注意が必要。花柄は、花が終わったら早めに摘み取る。


・カルミアの花言葉「優美な女性」は、花の咲いている様子が、「傘をさした女性が集っている」ように見えることから。日本名の「ハナガサシャクナゲ」も意味合いは同じ。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索