庭木で開運TOP > 樹木別の縁起 > カナメモチ

カナメモチ 縁起

カナメモチ(要黐)

 

別 名:アカメモチ、アカメガシ、ベニカナメ、ソバノキ

英 名:Japanese photinia

花言葉:賑やか

カナメモチを植えるのは東あるいは南西が吉。


モチノキに似た葉を持ち、これを用いて扇の要(カナメ)の芯を作ったことから命名された。


地方によってはモチノキやクロガネモチと同様に語呂合わせで「金持ち」になるとされ、縁起が良い。

 

カナメモチとは・・・

・東北南部以西の山地に生えるバラ科の常緑広葉樹


・日向を好むが多少の日陰にも耐え、土地を選ばず成長は早い。


・人によって地方によって、ベニカナメ、アカメモチ、カナメ、アカメなど呼び名が豊富であるが、カナメモチのうち、新芽の赤が特に濃いものをベニカナメモチと呼ぶ。


・日陰では赤色が冴えない葉となる。また、乾燥の厳しい場所では生育が衰える。


・刈り込みに強く、生垣に多用されるが、一度におもいっきり剪定すると、枝枯れを起こしやすい。軽めに、回数を多く剪定するのがコツとなる。


・レッドロビンとの違いは別ページ(ベニカナメモチとレッドロビン)を参照。一般的にはレッドロビンの方が葉が大きい。ちなみに上の画像はレッドロビン

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索