カイドウ 縁起

カイドウ(海棠)

別 名:ハナカイドウ、スイシカイドウ

英 名:Flowering crab apple

花言葉:温和、美人の眠り

カイドウを植える方角は東南が吉。

 

リンゴの仲間だが桜や桃に似た花は、中国において「美人の花」と称され、恋愛運をつかさどるとも言われる。楊貴妃にちなんだ故事から「眠れる花」とも呼ばれることもある。

 

カイドウとは・・・

・バラ科の落葉広葉樹で原産地は中国南西部。日本には江戸時代初期に渡来したとされる。

 

・葉の芽吹きと、ツボミの時期が重なるため、新緑とピンクのコントラストが美しい。実は球形で熟すと黄色くなる。

 

・日向を好み、成長は早い。樹高は3~4mに達する。乾燥には弱く、夏場は水遣りが必要となる。

 

・カイドウの剪定時期は、11~3月の落葉期で、花の見込めない長過ぎる枝を切り詰め、全体の形を乱す不要な枝を元から剪定する。また、春先に飛び出した枝(徒長枝)は成長が落ち着いた6月頃に元から剪定する。

 

・しかしながらカイドウを自然な形で剪定するのは難しい。枝が直線、直角的に、アンテナのように生えることが多く、四方にバランスよく伸びないからである。カイドウは、花を愛でるものと割り切って付き合う必要がある。

 

・花の色が淡いピンクの「ミカイドウ」や白っぽい「ノカイドウ」などの種類がある。シュウカイドウ(秋海棠)はベゴニア属の球根植物であり、カイドウとの直接の関連はない。カイドウに似た花を秋に咲かせることから名付けられた。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索