オウトウ 縁起

オウトウ(桜桃)

別 名:サクランボ

英 名:Cherry

花言葉:小さな恋人、上品

桜桃好きとして知られる小説家「太宰治」を連想するので、縁起が悪そうだが、縁起の良い瑞祥木とされている。

 

オウトウとは・・・

・バラ科の落葉広葉樹で中央アジアを原産とする。


・しばしばサクラと混同されるが、桜桃はセイヨウミザクラのことであり、ソメイヨシノのようなサクラとは異なる。

 

・乾いた冷涼地を好む。温暖な地域では実を落としやすい。

 

・オウトウは本来、上へ上へと伸びる性質を持っているが、収穫を容易にするため幹を途中で切断(芯止め)するのが一般的である。剪定に適した時季は3月下旬で、混み合った枝を整理する程度にとどめる。短い枝の先を切り詰めると収穫量が減る。

 

・オウトウは、①「甘果桜桃」と②「酸果桜桃」の二種に大別される。前者は実が甘く生食用で、後者は酸味があり専ら加工用とされる。山形産のサクランボは当然ながら「甘果桜桃」に属する。

 

・家庭用では「ナポレオン」が優良品種とされるが、収穫前に実が割れやすいという欠点がある。実割れを防ぐには、実の成熟期に雨にあてないことが大切で、木全体をシートで覆う手法を採る。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索