アラカシ 縁起

アラカシ(粗樫)

別 名:クロガシ、ナラバガシ、オオガシ、オオバカシ

英 名:ring-cupped oak

花言葉:力、勇気、長寿

アラカシについては、よく「お金がたまる縁起木」というキャッチコピーを見かけるが、元来は「金は貸すが、借りん。」として、表庭に花梨を、裏庭にカシを植えるというセットものであった。

 

関西地方でカシと言えば、アラカシを指す。単体では南が吉とされている。


アラカシとは・・・

・東北地方南部以南に自生するブナ科の常緑広葉樹


・多少の耐寒性はあるがシラカシほどではなく、寒冷地には植栽できない。


・成長は比較的早く、強い刈り込みにも耐える。高木となるため、目隠し用の生垣として用い、年に二回は剪定したい。


・アラカシという名前は、枝葉が大きく荒々しい様子から。


・慣れないうちは、シラカシとの区別が難しいが、シラカシより多少、葉の幅が広く、縁に荒いギザギザ(鋸歯)がある。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索