アベリア 縁起

アベリア

別 名:ハナ(ゾノ)ツクバネウツギ、ニワツクバネウツギ

英 名:glossy abelia

花言葉:強運、謙譲、謙虚

初夏から秋までと花期が長いことから、「次々に楽しいことが起きるように。」との願いを込めて植えられる。


白い花が咲くアベリアを植える方角は北か北東が吉。

 

アベリアとは・・・

・中国、台湾及びメキシコを原産とするスイカズラ科の低木で、日本には大正時代半ばにその園芸品種が渡来した。


・多少の日陰には耐えるが、基本的には日向を好む。


・煙害、乾燥、冬の寒さに耐え、成長はかなり早い。


・強い剪定に耐え、温暖な時季は葉がなくなるほど刈り込んでも、すぐに復活する。


・マンションや公園の植栽でよく見かけるが、小さな白い花を長く楽しめるので、もう少し見直されても良い樹種であるが、花期の長い分、ハチがよく集まるのが欠点か。


・「エドワードゴーチャ」「ホープレイズ」「フランシスメイソン」「サンライズ」など多様な品種がある。

サイト内検索

調べたい木の名前を

入力してください。

カスタム検索